ジョンレノン

ジョンレノン
ビートルズが解散したのは1970年のことである。日本は大阪万博に沸いていた頃、わたしはまだ9歳のときである。特に科学に興味があったわけではなく、家族で出掛けた万博のアメリカ館に炎天下の中を並んで見た月の石は、どう見ても路傍の石ころに過ぎ


【1970年3月14日】 大阪万博開幕 27万人来場、月の石は4時間待ち

ず、高揚感とはうらはらに拍子抜けしたのを何となく覚えている。ビートルズが活躍していたのはまさに私の少年時代であったので、テレビやラジオではきっと頻繁に流れていたのだろうが、好んで聞くという感じではなかったしファンというわけでもなかった。何となく名前を知っているに過ぎなかった。以降もしばらくの間は子供向け雑誌の


HD アルプスの少女ハイジ OP

付録として入っていたアニメの主題歌のソノシートの曲のほうが自分の好みだったし、心震えた。
中学時代にたまたま入部したのがブラスバンドで、その演奏曲の中にはヘイ・ジュードやオブラディ・オブラダなどもあったが、むしろポール・モーリアやパーシーフェイスの方が気に入っていたし、世は黒人コーラスグループが花盛りでスリーディグリーズやスタイリスティックスが気に入っていた。英語のリスニング力は限りなくゼロに近く、


愛がすべて - スタイリスティックス Can't Give You Anything (But My Love)

それでも無理やりカタカナに書き落とした「うえんうぇーらっしーゆーあーげーん」は今でもよく覚えている。また暮らしていた地域の近くに米軍基地があったので、FEN(地元ではヤンキー放送と言っていた。)も意味も分からずよく聞いていた。
そんな私がビートルズを自分の意志で聞きたいと思うようになったのは、高校生の頃である。当時は深夜のラジオ番組が一世を風靡しており、「オールナイトニッポン」や


あなたのジェットストリーム/城達也

パックインミュージック」、さらに世が更けた頃に「ジェットストリーム」など様々な番組があった。地元の放送局でもやっていたのだが、東京の放送局で聞きたいと思って音の悪さや電波の不安定さも何のその、チューニングを合わせて聞いたものである。その中のどの番組かは忘れたのだが、ビートルズ特集をやっていた。それを聞いたときの感動が忘れられずはまっていった。最初に買ったのは俗に言う赤版青版という選曲集で、活動期間の前半と後半に分けて代表曲を収めたものである。CDなどなかった時代でありカセットテープを買って聞いていた。そのときの印象は何となく聞いたことのある曲が多かったということである。全く意識はしていなかったけれども、テレビやラジオ、街角のアーケードなど至るところで繰り返し繰り返し流れていたんだろうな、だから覚えていたんだな、と思う。ファンとなった頃からは私のファン魂に火をつけたのが、テレビでビートルズの武道館ライブが放映され、今では幻となっている「ライブ アット ハリウッドボウル」というライブ盤が発売された。海賊版や廉価版などでビートルズのライブを聴くことができるが、音質が悪く、何よりあまり演奏や歌も集中して


- Baby's in Black - {ハリウッド・ボウル・ライヴ!} The Beatles

いる感じではないものが多い中、この「ライブ アット ハリウッドボウル」は音質がよく何よりノリノリの四人が生き生きとしている。ファンとなったタイミングもよかったのだろう。
本やレコードのライナーノートなどには、ジョンレノンの子供時代は決して恵まれていなかったこと、オノヨーコとの間に生まれたショーンレノンのためにおよそ五年もの間音楽活動を休止したことなどを知った。そしてお忍びで何度も家族で訪れたのが軽井沢であったことも知ることとなった。ジョンレノンのソロ活動の時期に発表された曲に「ビューティフルボーイ」というのがある。子供に対する慈愛に満ちた丸メガネの奥の眼差しまでが見えるように伝わってくる楽曲である。


Beautiful Boy John Lennon HD

ジョンレノンが軽井沢でよく訪れていたのが万平ホテル、そして喫茶店の離山房である。離山房を訪れたとき、多くの外国人が林の中に入っていくのを見た。オノヨーコやショーンレノンと寛いでいる写真が有名なあずまやがそのままで残されてい、それを見にきていたのである。万平ホテルの展示コーナーには、ジョンレノンも欲しがったというアップライトピアノが鎮座している。
時は長野新幹線開業前のことである。横川~軽井沢間が廃止される少し前、この路線を利用してみた。停車中にこぞって買うことで有名な「峠の釜めし」をもう買うことはできないのかと思っていた。どうなるのだろうと思いながら特急あさま号が横川の駅に着


JR 信越本線碓氷峠 廃止直前 横川駅 釜飯販売他 懐かしの風景、 EF63 横川にて 1997/8/2 DV79

いたと思ったら、案の定たくさんの方が釜飯を求めてホームに飛び出していた。そして列車が横川駅をゆっくりと走り出したとき、釜飯の会社の方が列車に向かってお辞儀をしていた。その光景はひとつの時代の終わりを告げているようだった。ちなみに峠の釜めし軽井沢駅しなの鉄道改札付近で現在も購入することができる。
長野新幹線の開業、そして長野オリンピック開幕に合わせて町並みが急ピッチで変わっていった。高架部分を抑えて景観保護に努めてはいるが、それでもどこか無機質な部分が増えた印象は否めない。

 

下呂温泉日帰り

高山本線

下呂温泉 日帰り
常日頃思うことだが、どこかの宿で一泊したとしても、なかなか何度も湯につかることができない。一度湯につかったとしても、そのあと食事になり当然のことながらビール等飲んで、もう旅の疲れでテレビでもボーっと見ながら寝てしまうのが落ちであり、結局のところ晩と朝に浸かるくらいで、あまり温泉に来た、という感じにならないことが多い。


湯けむり日本 温泉の旅 下呂温泉

それならいっそのこと有名温泉地を日帰りで出かけてみようということになり、下呂温泉に行くことになった。
ここで登場するのが青春18きっぷである。そうたびたび飛行機や新幹線を使うほど潤沢な予算があるわけもなく、安くていい旅、安くてコストパフォーマンスのいい宿を探すのが私のモットーであり、青春18きっぷは必要不可欠なアイテムであり強力な助っ人である。時には失敗だったと思うこともあるが、いい宿を見つけた喜びはまた一入である。
この切符は基本的に使用できるのが普通列車(各駅停車の他、快速・特別快速・新快速、つまり普通運賃だけで乗れる列車であれば使える)だけという制限はあるが、別の楽しみがある。列車の扉が開いて新しい客が乗車するたびにその地方の空気に変わっていく。例えば今回のルートで利用した東海道線の場合、大阪から進むと米原駅では関西弁だが、大垣駅では名古屋弁のような響きに変わる。米原駅大垣駅の間には天下分け目の関ケ原駅がある。この関ケ原のあたりが東日本と西日本の境目だというのを聞いた


『青春時代』森田公一とトップギャラン 東海道線関ヶ原駅~米原駅へ誘い

ことがあるが、まさしくその通りだと実感する。今回は、大阪~米原米原~大垣、大垣~岐阜、岐阜~下呂というルートである。
大阪~米原間は快速列車を利用した。新快速も使えたが朝早くから結構混んでいることが多く、短距離なら別だがやはりできるなら座って行きたい、との思いからである。途中の高槻駅を出たあたりから、山が視界に迫ってくる。サントリーの工場で有名な山崎駅を過ぎ、だんだん視界が広がってきて、桂川を渡ったら京都駅に着く。京都にはお気に入りのラーメン店があるのだが、朝早いことと今回の旅の目的ではないこともあり、


【絶品!】新福菜館本店2013-04-07

後ろ髪を引かれる思いで京都駅を出発するとすぐにトンネルに入る。隣の山科駅は、東海道線湖西線の分岐点となる駅である。京都と滋賀の県境を貫くトンネルを抜けると大津駅である。滋賀県にも訪れてみたい場所がたくさんあるのだが、今回は止む無く見送った。
新幹線では琵琶湖はほとんど見えないが、在来線では大津を越えてしばらくの間結構視界に入る。少し山側に近いところを走りながら、時には新幹線を「早いなぁ。」と横目で見ながら米原駅に到着。今回の旅では初めての乗換駅である。米原駅は、JR西日本JR東海の境目の駅である。東海道新幹線の駅でもある。以前には本数は少ないものの大阪から直通運転の大垣行き快速電車もあったが、ダイヤ改正でなくなってしまった。米原大垣駅間は、それほど高い山はないが、山がちな地形で、列車はそれを縫うように走る。
大垣駅に着く頃には広大な濃尾平野が広がり始める。電車の中から南側、つまり三重県方面を見ると、途中に山らしい山がない。大垣市は水の豊かな街とのことであり、一度宿泊してみたい。大垣から特別快速豊橋行きに乗る。ただし大垣駅から岐阜駅まではわずか3駅である。


キハ58系・キハ28系 急行『たかやま』

岐阜駅から高山本線に乗り換え、いよいよ下呂へと向かう。ここからは電化されておらずディーゼル車となる。また、単線である。私は単線が大好きである。両側の視界が近くて特に緑の多いところではまるで包まれているような感覚になる。時々列車行き違いのため、途中美濃大田駅に止まる。美濃大田駅は中央本線多治見駅とを結ぶ太多線も乗り入れている。美濃大田駅にはお気に入りの釜飯を売る眼鏡を掛けたおじさんがホームにいたはずなのだが今回はいなかった。
ここから先はまさに奥飛騨へと向かうにふさわしい、森林帯を駆け抜けていく。眼下のかなり深いところを川が流れ、時々それを跨ぎながら列車は進む。視界が開けてきたところに下呂駅はある。
下呂駅から温泉街へは線路をくぐる地下道があり、そこを抜けるとすぐである。まさに温泉地に来たという感がある。 
下呂温泉は、少しヌルッとした感じもあるが、比較的浸かりやすい、バランスの良い湯だなと思う。その効能などは温泉マイスターにまかせよう。お気に入りのケイちゃん(鶏肉に味付けしたもので、お土産品としてもなかなか良い)を買って、来た道を戻った。

 

旅と音楽とおっさんと

旅が好きで音楽好きのおっちゃんが、気ままに思ったことを綴ります。

どうぞよろしくお願いします。